ウール生地のチクチクには原因があった【一工夫で簡単に改善できる】

ウール生地のチクチクには原因があった【一工夫で簡単に改善できる】

布

肌の乾燥は刺激を受けやすい

冬になると肌が乾燥してくる人が多いでしょう。乾燥した状態では、少しの摩擦でもチクチクすると感じるのです。特に、ウール生地と素肌の触れている面積が大きいほど、より刺激を感じます。

汗が原因になることもある

ウールだけで作られた生地なら通気性に優れているのですが、混合ウールの場合は湿気を上手く逃がしてくれません。そのため、汗をかいたときはチクチクが余計気になり痒みが強くなるのです。

ウール繊維が太い可能性も考えよう

ウール繊維の太さによって手触りが異なるのですが、ゴワゴワしている生地の場合は繊維が太いものがほとんどです。30ミクロンの繊維が5%含まれているだけでもチクチクすると言われていますから、繊維の太さにも注目すべきですね。

チクチクさせないためにできる工夫

  • ニットの下にはインナーを着用する
  • 柔軟剤を使って柔らかくする
  • 繊維が細くなっているものを選ぶ

広告募集中