冬には欠かせないウール

冬になるとマフラーやコート、手袋などが必要になってきます。その時に欠かせないのがウールですが、カシミヤとはどういう違いがあるのか見てみましょう。

ウールとカシミヤの違い

ウール

毛素材の洋服に多く使われているのがウールで、羊毛のことをさしています。普段使いできるような価格帯のものから高級なものまであり、幅広い人に利用されています。

カシミヤ

カシミヤヤギから取れる素材で、一頭あたり150~200gしか取れません。そのため、「繊維の宝石」とも呼ばれています。柔らかく滑らかな手触りで、保温力にも優れています。

寒い時にはウール生地を活用しよう~寒がりさん必見~

布

暖かく着心地が良いのが特徴

ウールはたくさん空気を含んでくれるので保温性に優れ、着ていてとても気持ちがいいものです。伸縮性もありますから、動きやすいのも嬉しいですね。また、湿気を吸収する性質も持っているので、夏場には涼しく着ることができます。

裁縫

洗えるウールも登場している

ウールなどで出来た洋服類は、お手入れが大変なものでした。しかし、最近は「ウォッシャブルウール」というものが登場しているため、家でも簡単に洗濯することができるのです。お手入れの心配がないので、気軽にウールを着られますね。

布

生地を購入すれば自分好みの洋服が作れる

もし自分で洋服や小物などを作りたいのであれば、ウール生地を購入するといいでしょう。生地を販売しているウェブサイトを利用すれば、生地の厚みやデザインが豊富ですから好みの物が探しやすいはずです。また、ウール以外の生地やボタンなどの手芸小物も一緒に購入できますから便利です。

暖かさを得ながらおしゃれもできる

冬の寒い時でもおしゃれをしたいという人は多いものです。そんな時でも、ウール生地を使用した洋服や小物ならば、暖かくしながらおしゃれを楽しむことができるのです。

[PR]
ウールの生地を購入
欲しい商品をゲット

広告募集中